MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局

<<   作成日時 : 2012/12/31 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の続きです。

それからあれやこれや釣り以外ことをやっていたらあっと
いう間に一月が経とうとしていました。

そんな時、友達から釣りに誘われ丁度一ヶ月ぶりに長野の川原に
立った。

こんなことシーズン中はまず無理ですが、長野不詳のお二人との
釣りだったので私が案内役となった。

初めに入ったラン。二人に先に流して貰おうかと思っていましたが、
私はさっさと準備完了してしまった為、「ちょっとその辺だけ先に
流してみていい?」てな感じで、流れ込み脇のちょろちょろを数投。

画像

この魚が来てしまった。
全身婚姻色のオレンジ色に染まっていて、鱗はしっかりと締まって
いる感じで艶がとても良かった。今年私が釣り上げた魚の中で最も
美形だったように思います。この魚には婚姻色がとれてピカピカに
なったら是非また出合ってみたい!!



そこから選手交代。核心部を流して貰うと

画像

彼は良型のブラウンを見事キャッチ!

その後も幾つか釣れました。

全員釣れてまぁまぁ良い日だったかな。




ちょっとばかり気分を良くして翌週も出掛けました。

この日は現地で先輩と合流。

確か午前中は全くダメで気温が上がり始めて暫く、
やっと釣れだしました。

そして3時過ぎ、朝方全く反応が無かった場所へ戻って一流し目。
核心部でゴンと当たって一呼吸置いてから動き出した。
かなりの勢いで下流に下ったので思わず「デカイっ」と叫んだ。
下流を流している先輩がこちらを振り返るのが見えた。

魚が止まったところでしっかりとフッキング。ずっしりと重みが
伝わった。よし完璧だ!

ところがそこから暫く、魚がこちらへ向かったらフックアウト。

なんで・・・

へたり込んだ

駆け寄ってきた先輩「フッキング完璧だったのにねぇ」

私「今年はなんて年だどうすりゃいいってんだ・・・」

ブツブツ言いながら魚の付いていないフライを回収。

なんとフックに鱗が刺さっていた。

最初の走りがあんまり速かったのでその時は疑ったのだけど、
その後の感じはスレっぽくなくてちゃんと口に掛かっているもの
とばかり思っていました。

逆に少し気分が晴れた。

今年いろいろ悩んだことを思い出すとちょっと笑いたくなった。

水中で何が起きているのか?完璧に把握出来る人なんか
いないだろうが、それを想像し考えるのが面白い。




それから

また釣り以外のことを毎日やりつつ、年内にあと何回か
川に立ちたいと機会を伺っておりましたが、無理でした。


結局、冬眠中のまま大晦日。


釣り以外のことの整理が出来たら、来シーズンの準備に
取り掛かりたいと思います。


それでは釣り人の皆様も良いお年をお迎え下さい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシさん、今年も宜しくお願いします。

2月の解禁まであと僅かとなりました。
フライの準備はおさおさ怠りなく進行中のご様子ですね。
晴れた日の最近の当地は身体を動かすと汗ばむほどですが、あちらは日中でも0℃前後で相当に寒いようです。
現地人は全然釣りする気にならないようです。
万吉
2013/01/12 23:35
万吉さん
こちらこそ宜しくお願いします
既に二ヶ月のブランクとなりましたが、何やらうずうずと虫が騒ぎだしております。今年も楽しく釣りが出来ると良いですね
年末うちにお見えになった旭川の方はガイドの氷を取りながらまだ釣りをされているとのことで、ちょっと元気頂きました。負けていられませんよ!
ヒロシ
2013/01/15 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
結局 MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる