MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟〜二本目の川

<<   作成日時 : 2011/08/25 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

二日目は林道を只管走り抜け別の川へ向かいました。

車止めに駐車して、暗いうちから歩き出し、なだらかな谷底へ
ずっと降りていきました。
画像

明るくなる頃、谷底に到着。

画像

慌てず準備。

ここもやはりお盆。砂地には足跡多数。

しかし、釣り始めてすぐ・・・
画像

画像

パチャッと出てくれました!

かわいいサイズですが、今日一日の良い釣りを期待させてくれます。
画像




その後、ちょっとした大場所を二箇所やりますが、
魚の気配がありません。
画像

やはり小場所を細かく打って行く必要がありそうです。




一匹、そしてまた一匹とかわいいサイズが時折顔を見せて
くれました。


暫くマメな釣りをしていると、少しづつ魚が濃くなって来ました。

画像


画像

やがて大場所からも魚が出てくれました。

画像



画像

開けた谷をキャスティングを楽しみながら、釣り上がっていきます。
画像


小場所の連続。しかしその中でも、他より少しばかり水深のある
ところからはしっかり20cm以上の魚が出てくれます。
画像

いつしか、そんな小場所の中の大場所といった所だけに
フライを投げ入れるようになりましたが、歩いていくとフライを流さず
に上がった場所が思ったより深かったりして、自分の川を見る目
の無さを実感するのでした。

あれっ!ここきっとイイのがいたなぁ・・・
なんてブツブツ言ってました(笑)


画像

岩盤の際にキャスト!


そしてヒット!!
画像

画像

大場所の魚のサイズも良くなってきました。



本流や釣り下りでは見せない姿勢。
画像

ドライフライだとどうしてこういう格好になるんだろ?


画像

どうやらこの川ではこのサイズがアベレージのようです。

画像


朱点の濃い魚。
画像

ここのイワナは体側に濃い朱色が出ている魚と全く朱色が
無い魚がいました。

しかし背中まで模様がはっきりしていることと、腹側が一部を
除いて真っ白なのは共通の特徴のようでした。
画像







画像






画像

流心にフライを乗せると・・・


良型がガバッと出ました。
画像



池の様な分流。
画像

奥の白泡の切れ目から出てくれました。


良いサイズが時々顔を見せ、気分を良くして尺を目指し
ましたが達せず。
画像





竹ざお振るならこんな川かな・・・







なんて悠長なこと言っている場合ではありませんでした。


低地では猛暑となったこの日、標高の高い山奥もかなりの暑さ
となり、一番気温の上がる時間川を下りました。

森の奥深く、川を下る他ないのです。

それがまずかったか・・・


のんびり歩いていると、ロッドを持つ手に痛みが!

げっ!親指の付け根に小型のアブが

知らないうちにアブの集団に囲まれていました。

ここからが大変!

止まると刺されそうなので、只管川を駆け下り、沢を登り、藪を
漕ぎ、車まで。

ずっとアブがついて来たのでそまま車に飛び乗りました。

心臓が口から出るかと思いましたよ(笑)

結局三箇所噛まれてしまいました。

気温が上がり始めた頃、時々アブを見て、こんな高いとこにも
アブいるんだなぁなんて思っていたのですが、まさかこんな
ことになるとは・・・

でっかい良く見かけるウシアブはのんびりしていて体に付いて
から手で叩けば蚊のようにやっつけられるのですが、今回
の小型の奴はすばしっこくて厄介です。


この日は暑くて特別だったのか、
もうアブに囲まれるのは懲り懲り

本流に戻るかな(笑)





SPECIAL THANKS : LOOP TO LOOP

一票お願い致しますまだちと痒い・・・
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
真夏の新潟でも爆釣できる渓流があるんですね!
私の場合、夏は新潟あきらめて、長野・山梨に行っておりました。
勉強になりました。

それにしても、ネットがデカイ・・・。
キンタ
2011/08/25 19:07
キンさん
毎度っす!
半信半疑で行ったのですが、結構釣れちゃいましてラッキーでした。突撃あるのみっす

以前はこのネットしか持っておりませんで、これでなんでもかんでもすくっておりました。私の持っているネットで一番小さいものだったのですが、最近もっと小さいのをゲットしまして、今週の長野はそれでお魚すくって来ましたよ!
ヒロシ
2011/08/26 01:28
でたぁ〜アブ注入!待ってました。
TAKAO
2011/08/26 07:35
アブ注入〜(^-^;
裏で流行るかなぁ?
長文レポート楽しみですo(^-^)o
イッチー
2011/08/26 12:11
TAKAO師匠
うわ〜苦しんご!痛いのはやだ〜。
ヒロシ
2011/08/26 19:45
イッチーさん
アブの長文レポート!?
あれメジロアブって言うんですかねぇ?
ほんといや〜な奴です。
ヒロシ
2011/08/26 19:49
爆釣じゃないっすか!
専属カメラマンの腕も良いですね
何だか雑誌の記事みたいでカッチョゑ〜♪
だけど、新潟は虻多いですね
いやですね〜(汗)
鶴造
2011/08/27 07:09
鶴さん
ありがとうございます!
カミサン喜びます
アブには何度も噛まれているのですが、あんな集団で体の周りをブンブン飛ばれたの初めてだったので焦りました
ヒロシ
2011/08/27 13:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新潟〜二本目の川 MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる