MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟の渓流〜一本目!

<<   作成日時 : 2011/08/21 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

世の中は盆休み真っ只中。

釣り場は人がいっぱい、連日叩かれ、魚が持ち帰られて
小さな流れにはもう魚は居ないんじゃなかろうか?
こんな時は家でじっとしているほうが良いのかな?

しかし私は子供の頃から家にこもっているのが大の苦手。
うちのカメラマン(笑)も標高の高い涼しい山にカメラをもって
入りたいと・・・

そしてやって来たとある山川。
画像

谷底を流れるV字の渓谷です。

まずはある支流を目指して登山道を行きます。
画像

こんな急なとこウエーダー&ウエーディングシューズで行くもん
じゃないですねぇ。

斜面を登る途中・・・
画像

笹の幹からこんなのが・・・竹の子?

そのうち山道は川からどんどん離れ山深い高いところへ。
画像
画像

なんかこういう時って川から遠ざかりたくないもんです。

これから向こう側へ渡ります。
画像


画像

はっきり言ってかなり怖かったです。写真だと分かり辛い
ですが緑の下は深〜い谷底です。落ちたら命はありません

このような鎖場ならぬ、ロープ場が何箇所もありました。
画像


登山者が見たら、この格好で竹竿を持ってこんなとこ歩いてるのは
かなりおバカさんに見えると思います(笑)

どれだけ歩いたでしょうか?
やっと目指す沢に辿り着いたのですが・・・

画像

この濁り。ドライじゃ無理ですね

仕方なく沢を下り、本流を目指しました。
画像

途中小さな怪獣が・・・


また変な所をかなり歩かされるのでなかろうかと
少しウンザリしていましたが、距離はあったものの割と
すんなり本流に出ました。
画像

しかしそこには・・・

予想はしていたものの砂地は人の足跡だらけ。
画像


川を上がるうちに、魚をさばいた残骸まで見付けてしまいました。

まともな場所からは魚の反応は無く、竿抜けになりそうな場所を
丹念に叩いていきました。

すると
画像

20cm位ですが、嬉しい一匹目


そして今度は少しいい型!
画像

岩盤にぶつかる流心の向こう側で出ました。

画像

この落ち込み、側で見るとかなりの落差で、その上また上と
魚が留まれそうにない感じ。後で地図を見直したらしっかり
滝マークが付いていました。

僅かな時間で釣り終了。

あんだけ歩いたのにね・・・

でもまぁ魚が居てくれて良かった



もうあの山道には戻りたくないので、川を下ることに。
画像


少し行くと釣り人が釣りを終え調度川を下るところでした。

挨拶してお話しながら下っていると、その方のご兄弟の方とも
合流。一緒に川を下らせて頂きました。

途中険しいナメ床の壺がいくつもあり、もしかしたら我々だけと
下るのを諦めて山へ戻るはめになっていたかも知れません。
画像

カミサンずっこけ、この通りボンレスハム状態(笑)

画像

お世話になった渓流師のお二人と。

お二人にはこの川のことや、隣の川のことを教えて頂きました。
隣の川へも行ってみようかと思っていたのですが、水が出てから
川が変わってしまい、小物しか釣れないとのことでがっかり・・・


まだ昼過ぎくらいでしたが、この日の釣りはここまでとし、温泉に
入り、近くのキャンプ場で常設テントを借りました。
画像

涼しくてとても静かなキャンプ場。

ビールと湯がいただけのチープなソーセージが
最高に美味かったです。
画像

明日どこの川に入るか計画を立て早々夢の中へ。

画像

疲れたけれど気持ちの良い一日でした。

一票お願い致します
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
歩いていますね〜〜(汗)
大変な山道をがっしがっし歩いて
目当ての流れが濁っていたんじゃ
がっかりです
しかし、何処へ行っても釣り師はいますね
テント泊まり楽しそう〜♪
鶴造
URL
2011/08/22 06:39
けっこー大変なトコまで行ったんだねぇ
噂のアブの登場はまだですか?
TAKAO
2011/08/22 10:02
鶴さん
こんにちは!
汗びっしょりで歩きました〜本流も出発した時ちょっと濁ってるなぁなんて思っていたら、目当ての沢が原因でした
人間の気配のない所で釣りしてみたいっすね!でも多分魚もいないんでしょうね・・・
テント、キャンプ最高です♪
ヒロシ
2011/08/22 10:18
TAKAO師匠
ええ、登山素人にはすっげぇ大変でした
アブはねぇ・・・翌日です。アブ大嫌い
ヒロシ
2011/08/22 10:24
遭難寸前じゃないですか。
一歩踏み外したら谷底。。。
無事帰ってこられて何よりでした。
キンタ
2011/08/22 11:25
キンタさん
なめた装備で行っちゃいけませんね。ロッドはやっぱりパックロッドのほうが良いでしょうか?あっちでヒヤヒヤこっちでヒヤヒヤ無事に帰れて良かったです。
ヒロシ
2011/08/22 13:15
私も、新潟でした〜(^o^)v
本流は、惨敗です〜(^-^;
腕が、悪いなぁ今年は?
最終戦頑張って行きましょう〜(^o^)U^ェ^U
イッチー@イケメン(^-^;
2011/08/23 12:07
歩けば歩くほどワクワクしちゃうんですよね〜(^^)
自分はいつもパックロッドを2本持参です。
散々歩いた山奥でロッド折れて退散したくないっすから〜(笑)
camel
URL
2011/08/23 20:39
冒険王ですね。
大昔は、ディパックにパックロッドを括りつけて山を登ったのですが、パラダイスもあればスカもあって、上に行くほど人が多いってな事が多かったです。
一緒に行かれる奥様は健脚ですね。
いつも感心してます。
風来万吉
2011/08/24 15:17
イッチー@イケメン(^-^;さん
新潟でしたか〜アブいませんでしたか?アブ
そろそろ本流に戻らなくちゃいけませんねぇ

今年S川全然回数いってないなぁ・・・
ヒロシ@フトメン
2011/08/24 19:08
camelさん
なんか岩魚は奥に行くとおっきいのが居そうな気がしますね
私もパックロッド買うようですかね・・・
カミサン険しいとこ好きなんですが、釣りする当の私はなだらかで少し遠くへ投げられる場所が好きだったりします(笑)
ヒロシ
2011/08/24 19:20
万吉さん
昔からみなさん奥に行けば何かいい思いが出来そうな気がしていたのですね。
私が最近歩いた渓は小物ばかりが目立つ川ばかりでしたので、数は少なくとも良型が一日に何本か獲れるところへ行ってみたいです。
我妻は山登りが好きでして、以前は私がつき合わされていたのですが、最近ちょっと根性がないです(笑)
ヒロシ
2011/08/24 19:42
一番下のフレイちゃんの目が少し悲しそうにみえます。
「私を置いてかないで」って、訴えているのかな。
風来万吉
2011/08/24 22:21
万吉さん
キャンプ場で眠いフレイです(笑)
いつもフレイのことは気がかりです。本流の場合、車に長い時間居させることは無いのですが、渓流は時間が長くなってしまいます。涼しい場所で殆ど寝ているようですが、それでも気になりますね。大石ごろごろの沢登りに連れて行く訳にもいきませんし・・・悩みます。気合入れて源流部に行く時は友達に預けようかとカミサンと話していたところです。
ヒロシ
2011/08/25 03:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新潟の渓流〜一本目! MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる