MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野の銘川

<<   作成日時 : 2011/08/05 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

また山に入ってきました。

丁度十年程前に釣り以外の目的で一度訪れたことのあるこの場所。

それ以降また来てみたいと思っておりました。

画像


しかし釣り場としては全く不詳なこの川。

ちょっと調べて見たものの、どこへ入って良いものか決めかね、
結局厳しいの承知で一番メジャーな所からの入渓となりました。

朝、薄明るくなる時、キャンプ場奥の車止めより30分歩き、いざ川へ

なんと始めてすぐ長い瀬の流心から魚が飛び出します。
ノリませんでしたが、こりゃいいかもと思いました。

画像

しかしそこから暫く魚の気配なく

やっと釣れたのがこの魚。
画像

これ放流魚ですねぇ。

こりゃいかんと思い、川から上がり、また暫く歩きました。


画像

♯10のロイヤルハンピー!


時折魚の反応があるものの決まって一回しか出てくれません。

砂地には真新しいフェルト底の足跡。

時々木の枝にはフライが絡まっています。

回収してみるとみなかなり小さい。


誰でもこんな時、小さいハリのほうが良いのかなと思ってしまう
でしょうが、私も同じ。

ちょっとだけ小さいのを試してみますが、結果は一緒。


しっかり食いつく魚は大きめのハリでも同じ。
画像

やっと魚の居る場所まで来たかと思いましたが、やっぱり魚は
かなり疎ら、それに当たり前のところや水深の無いところに魚の姿
は見えず、ジャブジャブ歩いても走る姿さえ見ません。

画像


それでも時折しっかりとフライを捕らえてくれる魚がいて、更に先へ
進む気力を与えてくれます。
画像

小物ばかり、大きいものでも20cmくらいだったでしょうか。

画像

小さくとも美しい魚、朱点は勿論のこと鰓蓋の
薄い紫色の輝きに魅かれます



ひたすら上流を目指しました。

途中尺はあろうかというヤツを発見!
フライに向かって大口を開け、反転するのを確認して合わせますが、
なんのテンションも感じずスッポ抜けて、やはりこやつも出たのは
一度きり・・・


水量がかなり少なくなって来ました。
画像

小さいランディングネット欲しいな・・・

正午頃現れた堰堤を最後の場所と決めました。

そこでも少しばかり型の良いのが水面に出てくれましたが、
ノリませんでした。

獣道を更に先へ進んだら楽園はあるのでしょうか?

身体の重い私は既にヘトヘト。先へ進む気力が残っていません
でした。痩せないといけませんねぇ(笑)


確認出来た魚は10匹以下だったかと思います。
手中に収まったのはたった4匹。

帰り道。
画像

ちょっと北海道っぽい。

画像

ひまわりがいっぱい!


涼しくて(ちょっと寒いくらい)水は冷たく
疲れたけれど気持ちの良い釣行でした


次はどこへ行こうかな〜

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
文面とは、裏腹に?
今までで、最高のレポートです(笑)
やはり、写真撮ってる人の腕かな(笑)
いいカメラマン見つけましたねぇ〜(^o^)v
岩魚は、ヤマトイワナ系ですねぇ?
イッチー
2011/08/05 17:18
イッチーさん
ほんとっすか!
文はダメってこと?
最後の2枚は私の携帯ショットなので・・・
高尾師匠に聞いたらここは初めて行って4匹獲れれば上等ですって、雨降り後で運が良かったかも知れません。
ヒロシ
2011/08/05 17:42
ホント写真がきれいです!
自分も先日そうでしたが、山の朝は曇ってると夏でも寒いですね。。。
釣りしてるMobyさんカッコいいですね〜♪
camel
URL
2011/08/05 17:45
camelさん
ありがとうございます
はい、ここはほんと水が冷たかったです。
帰りも汗だくになりませんでしたよ。
カッコいいっすか〜ほんとはただのデブです(笑)
ヒロシ
2011/08/05 18:37
懐かしいなココ!
結構前ですが良く行きましたよ
釣り上がりのウェットでも好反応でしたが
今はスレスレでしょうか・・・・
ちょっとフライを居れずらい穴ぼこみたいな
そんなポイントにスパッと入ると
決まって真っ黒な大物が出てくれましたが
入り易い川ですから
難しいですよね
鶴造
URL
2011/08/05 21:36
鶴さん
かつては岩魚の宝庫だった聞いております。
仲間達とバイクで来た時も有名な所だとは知っていましたので、その頃はまだ魚影が濃かったのかも知れません。ちょっと釣りしたかった・・・
場所によっては釣り上がりもまたウエットに戻そうかと少し考えています。そのほうが性に合ってるみたいっす(笑)
スレてもいますが、魚が少ないっすね。下流にはまだスレスレの型のいいのがいるそうですよ。
ヒロシ
2011/08/06 00:16
久しぶりに遊びに来ました!
夏は標高の高い川で遊ぶのが一番ですね〜
冷たくて気持ち良さそう。人も魚も。。
vivipapaT
URL
2011/08/10 16:01
vivipapaTさん
こんにちは♪
昨日また行ってきまして、ほんと涼しくて最高です!日中でも水温9℃でした。
本流から足が遠のいてしまいます
ヒロシ
2011/08/10 16:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長野の銘川 MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる