MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS 二日目の晩・・・

<<   作成日時 : 2009/09/21 13:10   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

釣りを終え夕食を済ませ、ゆっくりと車中泊する為、暗くて静かな
ある場所へ私は車を走らせました。

そこは小さな公園で周りを木々が囲んでおり、街灯などは一切なく
全くの闇です

公園に通じる急な坂を下って行くと使われていないゲートボール場
があり、その周りをぐるりと車で移動出来るようなっていて、丁度
学校の運動場を小さくしたような形です。

運動場の奥は暗い農道に繋がっており、その入り口付近には
簡易便所と手動の井戸ポンプがあります。私とカミサン、そして
犬のフレイはその付近で夜を開かすことにしました。

ラッゲージスペースに寝袋を敷き、翌早朝の釣りに備えて早々
眠りにつきました。



 
すっかり眠ってしまってからどの位時間がたったでしょうか、
遠くのほうで人の話し声がして薄っすら目を覚ましました。



こんな真っ暗な所に何をしにきたんだろう?



何かあーでもない、こーでもないと言った話をしているようで
様子で二三人いるようでした。

そのうち大きな声で笑い声が聞こえます。



酔っ払いだろうか?


酔っ払いが通りかかるには不自然な場所であるのが気に掛かり
ましたが、時計を見ると十二時半を過ぎており、
私は気にせずに再び眠ることにしました。


ところが暫くしてその声が少しずつこちらへ向かって来たのです。


ここで初めて背筋がゾクッとしました。

どうも複数の人間でなく一人のようなのです。しかも笑い声が
妙な感じです。



えへっ・・・・ぶつぶつ・・・・えへっえへっ・・・


どんどんこちらへ近づいてきます。

フレイが警戒して窓越しに唸りながらついには
吠えてしまいました。

私は笑い声の主に車の中に我々がいることを気付かれたくない
一心でフレイに静かするよう諭しました。

声はさらに近づき車のすぐ後ろまで来てしまいました。

これは我々の乗った車目掛けてこっちに来たんだ。

そう思い背筋が凍りましたが、声は我々をかすめるようにして
農道の方へを遠ざかって行きました。


何度も言うようですが、この日は月が無く
公園も農道も真っ暗です。


ああ、行ってしまって良かった。また意識が遠のいて
いきましたが、完全に眠りに落ちる前にまた声が聞こえて
きました。

農道を引き返してきたのです。

そして我々のそばを通りまた運動場を遠ざかっていきました。


ここで初めて横で眠っている筈のカミサンに声を掛けました。

「なんか気持ち悪いね・・・。」

するとカミサン、あまりに怖くて固まって眠っていませんでした。

「二人いるよねぇ。」

「いや一人だよ。」

ゆっくり頭を持ち上げて初めて外を見てみると、結露で曇った
窓越しにぼやっと人影がまたこちらに向かって来るのが見えます。

カミサンも恐る恐る外を見て

「ほんとだ〜こわっ」

ぼやっとした白い人影はぶつぶつ時には大声で笑いながら
また農道のほうへ向かっていきました。

そしてまた戻り・・・

我々は暫くその人影の様子を伺っていましたが、ずっと
同じコースをひたすら歩いているようです。

「どうしようか、これじゃ眠れないね。」

「移動する?」

私は外へ出ず直接運転席に移動して車を出すことを考えましたが
ウェーダーとランディングネットが外に干してありました。

このときには既に白い人影にかなり慣れて恐らく危害を加える者
ではないであろうと思いましたが、さすがに外へ出ることは躊躇われ
ました。

暫く唸っていたフレイも静かになり、人影をただ監視するだけ
となっていました。



少し不安な気持ちが残ったものの耳栓をして眠りにつきました。

その後何度か間近で笑い声が聞こえ目を覚ましましたが、
いつの間にかぐっすりと眠ってしまいました。

声が聞こえ始めてから時々時計を見ていたのですが、私が再び
眠りに落ちるまで恐らく一時間半位、その後どのくらいあの人影が
そこにいたか分かりませんが、薄明るくなる頃に釣りの為の
アラームが鳴ると外には誰もいませんでした。




それからトイレの為に私より先に外へ出ようというカミサン。

「ブレアウィッチプロジェクトみたいに車のドアの前に
何か置いてあったらどうしよ〜」

しかしそこには何もなく、ひんやりした朝の冷気があるだけ
なのでした。



私は何もなかったように釣りモードに切り替わり急いで支度
して朝の釣りに向かいました。




でも確かにあの映画の雰囲気だったなぁ・・・




ランキングに参加しております。
宜しければクリックお願いいたします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


GyoNetBlog ランキングバナー









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
不審な人がウロウロとしていると不安になりますよねぇ〜。
特に寝ている無防備な状況だと更に余計に恐いですねぇ。
危険な目にあわなくてなによりでした。
inu
2009/09/21 19:31
普通に怖いですね(~_~;)
しばらく釣りに行けそうにないです(-_-;)
mark2
2009/09/22 12:51
あ〜っ!
遭遇しちゃったんですね( ・_・;)
場所は何処です?
前々からそれが出るって噂はあったんです。子供の声じゃなかったですか?
自分たち夫婦はその話しを聞いていたのでなるべく人がいる所で車中泊してます。噂では、運動場と井戸がある所ときいているのですが場所がわからないんです(^_^;
moonlight
2009/09/22 18:52
inuさん
はい、非常に不安だったのですが、釣りを始めたとたんすっかり忘れていました(笑)。
ヒロシ
2009/09/23 10:38
mark2さん
はじめまして
へんなこと書いてすみません・・・
すっかり記憶から消して釣りに行ってくださいね。
ヒロシ
2009/09/23 10:42
moonlightさん
え〜そんな話前からあったんですか?
場所は夕食を食べに長野市方面に下ったときたまたま通りかかって、うまく説明出来ませんが、かなり下の方でしたね。
ヒロシ
2009/09/23 10:58
ヒロシさん
はじめまして
全然気になさらないでください( ^^) _U~~
僕こういう怖い話大好きなので(^◇^)
mark2
2009/09/30 01:51
mark2さん
ありがとうございます。
今度そちらにお邪魔しま〜す。
ヒロシ
2009/09/30 03:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二日目の晩・・・ MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる