MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの犀川です。 7

<<   作成日時 : 2009/06/13 06:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

この日この魚が最大でした。

ネットの縦内径が65p・・・



まだ暗いうちにある有名ポイントに到着すると釣り人の姿は無し。 

一月ちょっと来ないうちにすっかり暖かくなり季節の変化を
感じます。

手早く準備を済ませ、薄明るくなった誰もいない川原に気分良く
下りていきました。

川はやや濁っていて岸際の草が水に浸かっている所がありました。
画像


フローティングライン、シンキングライン、シングルサーモンフック
にチューブ、ウォディントン、この日の川の状態、釣る場所に
合わせて色々やってみました。



清々しい朝でしたが、ヒラキ付近でハヤともコッパニジとも
つかないアタリが何度かあったのみで、その他の生命反応は
ありませんでした。



車で何箇所か偵察して、午後は朝の場所の一つ下のランから
始めることにしました。

駐車スペースに車を停めると、そこにはクローバーがびっしり。

川を下調べしに行き戻って来ると、犬と山歩きする為に一緒に
来ているうちのカミサンが四葉のクローバー二本も
見つけていました。

ヤッタ ある方のブログで見たのと似たような感じだぁ。

迷信深いわけではありませんが・・・なんか良いことあるかも。




午後の部は二時からスタート、川は少し濁りが増したように見え
ました。

この日は大きい物に魚が反応する状態で無いと判断しシングル
フックのドロッパーシステムにTypeVのヘッドをチョイス。

広く探りたいので小さいフライに対して少々強引ですがロッドは
17ft#12のシューティングロッド。


やや対岸よりに流れが偏った部分に向けて思いきりシュート
そしてリーチを掛けて落とし、釣り下りました。

そろそろいいとこかなぁと思っているとリールが逆回転しました。

大したサイズではなさそうですがそこそこの重量感、この日
初物ということもあり慎重にやり取りして寄せましたが、魚が
見える前にフックアウト。

フックを点検すると針先が甘かったので研ぎ直し、バレた原因
はこれだったと思い込みました。

しかし、これが悪夢の始まり・・・

それから二投目、またヒット。

似たようなサイズだと思いますが、今度は犀川名物流れ草の
大物が引っ掛かりバラシ。

暫く下るとまたヒット、そしてバラシ。そしてまたバラシ。

この辺は明らかに魚が放流コッパニジになった模様。

五匹目にやっとキャッチ。

そして更に小さいのをキャッチ。
画像



ヒラキの良さそうな場所も小物のアタリがあるので、ここは止めて
下の大きな早瀬へ。


そして回収リトリーブ中ガツンときました。

ニジマスでした。

ここまでで一番の魚でしたがやっぱりバラシ。

回収リトリーブ中だったから仕方ないかな・・・

でもやっぱり何かがおかしいと感じるのでした。


そして瀬の流れがやや緩くなる辺りで今までの魚とは明らかに
違うやつがやって来ました。

ロッドが弓なりになりガンガン頭を振っています。

このサイズならガップリいったろう。

ところが魚がこっちを向いて走り出したところでまたしても
フックアウト。

思わず天を仰ぎ、

今日の俺どうしたんだろう、そう思いました。





川は更にいかにもと思わせる所に差し掛かり、

さっきみたいな奴もう一回来てくれないか
と祈る思いで流していると

リールが思いきり逆回転!!

間違いなく五十の大台には乗っているであろうと確信しました
が、魚が浮いてビックリ。

画像

45p、瀬の魚は引きが強い・・・

フックはガッチリ口のコーナーを捕らえていました。

そしてこの魚で最後でした。



こんなにバラシタの久しぶりです。

流すのが難しい場所ではなかったのに

タックルバランスが悪いからか、小さい魚が多かったせいか・・・

色々な要素が複合してのことでしょうが、何かもっと別の部分
にも問題があったように思います。

しかし、試したいことが出来て益々次回の釣りが
楽しみであります。


バラシの連発でガックリもしましたが、魚とのコンタクトが多く
楽しい一日でした。


帰り際、真っ暗になった川原で蛙の声を聞きながら
カップラーメン食いましたが、なんとなく良い時間で
帰りたくなくなりました。




ランキングに参加しておりますので
宜しければクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
読んでいてこちらも悔しくなっちゃいました。
課題もあるのでしょうが、これだけ魚の反応があれば次回が益々楽しみですねぇ。
inu
2009/06/13 14:32
inuさん
おそらく道具をライトなものに交換してしまえば簡単にバラシ自体は減らせるのだと思いますが、魚がハリを捕らえる以前に気になる部分が一つ二つあるのでそこを早く試してみたいです。
ヒロシ
2009/06/13 16:52
やややっ!四葉のクローバー効果ありですかね?
朱点の入った綺麗なブラウンですね。
45センチあれば上々ですけど、さらなる大物目指して頑張ってください。
ランスロット
2009/06/13 18:41
いっや〜!!
痺れますね〜♪

angler002
2009/06/13 22:28
ランスロットさん
うちの四葉のクローバーはしっかりカミサンが押し花にしていました。二本あるので来週はゴーマル仕留められるかも知れません。
迷信深くないと言っておきながら変な奴です(笑)。
ヒロシ
2009/06/14 11:57
angler002さん
ありがとうございます♪

尺ヤマメ相当の魚かと思いますので、今度は尺上、ヨンマル相当の魚目指して頑張りま〜す。
ヒロシ
2009/06/14 12:28
犀川にいらしてたんですね。
僕はただでさえ釣りに行けないところに一週間の出張でした(^^;
バラシが多発する時って犀川で釣りしてると多々あります。ラインをチェンジして一つ重いタイプ(タイプUならVへ)にするか、フライをワンサイズ落とすかすると解消することがあります。流れの中で育った鱒は面白いでしょう?50センチアップなんて掛けるともう病みつきになります。自分何度もバラしてます、、、(^^;
moonlight
2009/06/14 18:25
バラシが続く時って、何故かありますよね。自分はどちらかというとフローティングラインで小〜中規模渓流でのウエットの釣りが多いのですが、ほとんど同じ条件、同じような魚でもばれてしまう時とがっちりかかっている時があって、よく分からなくなることがありました。
でも、ちょっとくじけそうな条件でもしっかり釣り上げるなんて、さすがです!40アップだったら僕なら大満足です(笑)。次は50アップ目指して頑張って下さいね。
kei
2009/06/14 23:02
moonlightさん
色々とありがとうございます。
今年、川ではまだ野生の50越えを釣ってないせいか物凄く引きが強く感じられ期待してしまいました。
しかし犀川には素晴らしい魚が多いですね。
早くまた犀川の岸に立ちたいです。
ヒロシ
2009/06/14 23:47
keiさん
かなりくじけましたよ(笑)。
この日は全く自分の引き出しを上手く引けない日でした。
流し方、沈め方も大事だと思うのですが、濁りと小さいハリを使いたいと言うことに気をとられてハリの色が強すぎるものをチョイスしてしまったのが一番の原因ではないかと思います。きっとそれで夕方にはそれがピッタリはまってガップリ食ったのだと・・・

次回はドジらないよう気をつけますです。
keiさんもセッジの釣り頑張ってくださいね!

ヒロシ
2009/06/15 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの犀川です。 7 MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる