MobyDick&TheRiverSideDog

アクセスカウンタ

zoom RSS イワナ!!犀川レポ2 その1激戦区

<<   作成日時 : 2009/04/02 17:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

三週間ぶり今シーズン二度目の犀川へ行ってきました。

画像


朝真っ暗なうちに準備を始め、空がうっすらと明るくなる頃には釣
りを始めました。今回はアンダーハンドでやってみました。



気温は−2℃、水温は6.5℃。寒い時期、陽が水面を照らし水温が
上がり始める時間が狙い目かと思いますが、私は寒くとも朝一の
まだ暗い時間も一つの狙い目だと考えています。

この時間、魚が薄っすら明るい水面のほうを見ていることは容易に
想像が出来ます。しかし魚の活性は高くないので、水面直下でフライ
を捕らえてくれることは期待出来ません。ハリ自体も暗いので目立た
せる必要がありますが、何せ魚の高活性は期待出来ないので
流し方も含めて悩むところです。




まずはTypeVで白っぽいフライを流し始めます。TypeVならばラインの
角度を調整し下から水流を当てることによりあまり沈めずに釣れます
し、ある程度沈めることも出来ます。

六時過ぎ、黒いフライに交換し少し沈めてみます。流心にフライを落と
し、沈めておいてからラインの形を直し送り込みます。そしてもう一度
ラインの形を調整し再度送っていきます。送り切る頃にはかなり手前
の流れの緩い部分に差し掛かり、ここからはリトリーブでリアクション
を期待します。

そして一引き目、グーッと藻にでも掛かったような感じ、いやいや
そこまで沈んでいない筈・・・
そしてすぐに力強く動き出しました。
おっ!まぁまぁのやつだ。

しかしなんとなく動きが変です。トルクはまぁまぁですがスピードがない・・・
ニゴイだったらがっかりだなーと思っているとゴンゴン首を振っている
様子、ブラウンかな・・・
魚の背中が見えました。黒いっ、なんだろ。


以外にすぐに寄って来ず少々ヤキモキしましたが、やっと浮いてきました。

おお!

画像


ネットに収まったのはイワナでした。ヤッター(HEROES ヒロ・ナカムラ風)

画像


45p、威張れるサイズではありませんが、今シーズン犀川一匹目!
うれしい魚でした。ハリを丸呑み・・・リトリーブに入る前に食って
いたのだと思います。



その後、開き付近で小型のニジマスを二匹追加、アタリも頻繁にあっ
たのでその周辺もしつこくやってみましたが、チビしかいないようでした。
画像

こんなのです。

かなり陽射しが強くなり濁りも強めなので底とって釣ってみようと思い
ましたが、なんとTypeYのラインを家に忘れてきていました。

仕方なくラインはそのままで重いウオディントンに交換し、流心に向け
てキャストしますが、後からやってきた対岸の餌釣りの人が腰下まで
浸かって、私のフライが着水する辺りに仕掛けを投げ入れてきます。
一度はほんと絡まるかと思いヒヤッとしました。

周りを見ると人が増え対岸に餌釣りが二人、フライが二人、私の後か
らフライマンが一人、私の後ろからついて来る人以外はその場に立ち
っぱなしなのでこのランは諦めることにしました。

解禁の頃とは比べられませんが、まったく平日なのに凄い人です。

激戦区の厳しさを感じましたです。ハイ

つづく

ランキングに参加しております。
宜しければ下の二つクリック
お願い致します。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
キレイなイワナですねぇ〜。
そちらの人気スポットは、たくさんの釣り人になるんでしょうね。
でも皆さん、大きなトラブルにならずに釣りができているところは流石に慣れているんでしょうね。
こちらではたまに混んでいるポイントがあるのですが、私は避けてマイナーなポイントに行くことが多いです。
inu
2009/04/02 18:38
inuさん
ありがとうございます!
中禅寺湖以外は私も混んでくると退散します。
結構トラブルも多いようなので、気分良く釣りが出来る場所に移動します。
来週はもっと人が増えそうなのでちょっと心配です。
ヒロシ
2009/04/02 21:31
こんにちは。
犀川でこのサイズの岩魚は立派です!
実に羨ましい…
しかし、釣り人の多さには悩まされます。釣り方は自由なのでとやかく言う気はありませんがフライ、ルアー、餌どの釣り人に対しても皆が楽しめるよう一箇所独占型のつりは勘弁してもらいたいです(^^;
moonlight
2009/04/03 14:59
moonlightさん
こんにちは、お褒めの頂きありがとうございます!
現在、春休み時なので学生さんが多いみたいですね。誰よりも早く釣り場に着いても、早々撤退を余儀なくされることが間々ありますね。土日に結果出されている方々には全く頭が下がります。
ヒロシ
2009/04/03 16:33
タイプVのラインはあまり沈めずにもできるし、沈めることもできるとありましたが、沈めるときはどのようにロッド操作などをするのですか。
どなるどそん
2010/05/31 20:18
どなるどそんさん
はじめまして、
釣りに行っていて遅くなってしまいすみません。

恐らく多くの方と同じだと思うのですが、沈める事自体にはロッド操作は特になく、出来るだけ流心にライン全体が収まるようにキャストしたり、沈み波にラインが入るようにキャストしたり、あるいは流心の向こう側の流れの緩いところで沈めたりと、至って普通でタイプVだから何かあるわけではありません。私の釣りは今のところ特に難しいテクニックを使うようなことは無いです。
ただ言葉足らずだったのですが、このときは確か緩い流れ、やや岸近くを釣るような条件で、
その部分の深さや、流心からの距離によりますが、そのような場合ある程度深く沈める場合であっても私は良くタイプUを使います。そしていつもやっていることが微妙に感じられる場合タイプVを張ったり緩めたりして様子をみます。要するに私にとって使い勝手が良いということなのです。これ恐らく人によってみな違うのではないかと思います。

つまらない回答ですみません・・・
ヒロシ
2010/06/02 19:11
また、質問させていただきます。沈み波でラインを沈めた後、沈み波の向こう側の速い流れや遅い流れを攻めるにはどうしたらよいですか。その時のラインやロッド操作を教えてください。
どなるどそん
2010/06/03 20:31
どなるどそんさん
その場合、沈み波の向こう側はやりません。あとは雑誌などで紹介されていると思いますが、引っ張ってラインの形を整え、送り込みです。
ヒロシ
2010/06/04 03:44
ありがとうございました。参考になりました。
どなるどそん
2010/06/04 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
イワナ!!犀川レポ2 その1激戦区 MobyDick&TheRiverSideDog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる